この前Twitterで面白いと思ったのでこの言葉に関して考えてみました。

実に興味が深いと思いませんか?
悪い方で考えると
  • 俺らプロが釣るのに実は相当労力を費やしてるそれをあたかもブログで短く書いていっぱい釣れてるように魅せる努力をしている。
  • 俺らプロが釣るのに実は相当労力を費やしてるだから素人は簡単には釣れないぞ
と思いましたが言ってるかのような感じに聞こえますよね?(多分自分だけ)

言い方で考えると
  • これだけ釣るのが難しいけど粘って、頑張って釣れた時の喜びは釣り人にしかわからないよ‼️
  • 釣りは釣れるだけが釣りじゃ無いんだよ
って捉える事もできますよね?(絶対自分だけ)

本心は本人にしか分かりませんので何とも言えませんが

僕はこう考えました。

”釣りたいならもっと通え”

これだけです。

僕は鯉釣りから始めてバスフィッシングを18歳免許とってすぐ始めました。(小学生の頃グランダー武蔵に憧れ)

が、、、

周りに釣りしてる友人はいませんし雑誌も買わず

無知のまま河口湖に車を発進させて

遊漁券を買ってそこのお店で初心者セットを買い

釣りを始めました。

結果坊主‼️

そしてスピニングタックルでスピナベイトを投げ散らかすという

今思い返せば滅茶苦茶恥ずかしい

そして霞ヶ浦に通ったのですがまぁ釣れない(始めて6ヶ月目)

そもそもリグが解っていなかった故に常に

オフセットフックに適当なワームをちょん掛け🎶笑 (いや本当に恥ずかしい)

でたまたま釣りビジョンが無料放送日があったので

観ていると

”千葉県 高滝湖”

という場所を知りアクアライン片道3000円を使い通いだす。(当時釣れないのは場所のせいにしてたのは内緒)

ここで釣れてる人を始めて目の当たりにする

すぐさま近寄って何で釣れましたか?と質問

テキサスリグと教えてくれましたが

リグ名など知らず、家に帰る途中に本屋に寄って雑誌購入(もっと早くやれよ)

テキサスリグを覚え次いでにベイトタックルも購入し

休みの日にまた高滝湖リベンジへ

でもやっぱり釣れない日々が続く

が、5回目?ぐらいにして夕まずめ

キワのゴミ溜まりに入れたら初バイト‼️‼️

そしてそのままゴボウ抜き 笑

そして同じ所で3連続ゲット❗️

とここまで1年と3ヶ月掛かってようやくゲットできました。

よ〜く考えてみると無駄な動きが多すぎますが

要は何が言いたいかというと

通って経験値を積まないとわからない事が多いと思います

たまに通って釣れない人は

基本的に当たり日に当たって無いだけだと思います。

これは運もありますが通う事によって

得られる情報量で当たりの日の的を絞る事ができる

と考えてます。

釣りたいなら睡眠削ってでも通った方が良いと思いますよ。(お前が通え!!)


ここだけの話、釣れないのは乱獲による個体数の減少が一番の問題だと思いますが

この話はまた今度

釣り行って来まーす‼️